「猫と節約術」おすすめ記事

動物病院でしか買えない薬を自分で買う
ペットの薬 正規品ならEU版が安いです!
お金をかけない猫のトイレ

お得なおすすめショップ

猫用・犬用 ペットのくすり専門店
直輸入だからプレミアムフードが安い「トムキャット」
猫の抜け毛取りは、これが一番よく取れる抜け毛取りクリーナー


猫草の種と土を買って育てる

大きい方の猫、ミントはほとんど猫草を食べません。
だけどチビの方の猫、たいむは欲しがるようなので、時々栽培セットになってるのを買ってあげてました。

でもネコ草ってすぐ茶色くなるし、枯れちゃいますよねー。

DSC00362.JPG DSC00439.JPG

1〜2週間ほどで↑左から右へ。こんなです。


だからどうしてもたま〜〜にしかあげない。

だけどたいむは食べたがるから定期的にあげたい。

だったら種と土をバラで買って一から育てるのが一番安上がりぴかぴか(新しい)


ということで、やっとネコ草の種から自分で育てようと決心しました。←遅い

猫草の育て方、安く作る(育てる)方法も今後研究が必要ですが、
とりあえず猫草の種を買ってみました。

DSC00471.JPG

「ねこ草の種 スタンドパック 200g 」です。

「猫草の土」として売っている土は、パーキュライト、ピートモス、パーライトなどを使ってあるようですね。

今回調べたいくつかの猫草の作り方サイトでは、
100円ショップで売ってる、水でふやかして増える土とか、
パーキュライトを使うとか、
赤玉土を使うとかいろいろでした。


そもそも猫草用の種はほとんど燕麦(エンバク)を使ってます。
燕麦は麦ですから、本来ならもっと大きく数か月かかって育つはず?

猫草がすぐ枯れてしまうのは、猫がすぐ食べてしまうことを想定して栽培してあるので、土に肥料分(栄養)をほとんど配合してないことと、土の量に対する種の割合が多すぎるからだそうです。

じゃあ、土の量を増やして、種を少なめに撒けば長持ちするのかな?

猫の多頭飼いしてる知人から、普通に売ってる園芸用の土をねこ草栽培に使ってると教えてもらったので、今回は私も園芸用の土「有機培養土」で栽培開始。

DSC00492.JPG

穴が開いてない容器が必要なので使ってない食器を使いました。

DSC00482.JPG DSC00485.JPG

DSC00486.JPG DSC00487.JPG

猫草の種、燕麦を撒いて、広げて軽く上に土をかけてならします。
水をまんべんなくかけて、日陰においておしまい。

DSC00493.JPG

1週間くらいたったら芽が出てくるかなー?

容器が1個しかなかったので近日中に増やしますが、
とりあえず1個で観察中ハートたち(複数ハート)

うまく育つかしら?

たいむ君、待っててね〜。

かわいい今日の記事で紹介したお得な猫草の種
「ねこ草の種 スタンドパック 200g 」

かわいいお得な猫草の種を
posted with カエレバ

タグ:猫草


「ペットにかかる薬や病院代・フード・トイレ用品代等の節約法」
猫用ドライフード  猫の餌 缶・パウチ 猫のトイレ・猫砂 猫のおもちゃ・トーイ 猫の爪とぎ 猫ハウス・クッション 猫のキャットタワー 猫の首輪 ノミダニ駆除薬・蚤コーム

posted by ミントママ | Comment(6) | 猫草の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダニ予防の関心が高まっています

マダニ予防の関心が今世間で高まっているそうです。

前回の記事で書いたように「マダニ媒体の新型ウイルス」による、死亡者が出たからですね。
それほどまだ神経質になるほどでもないと思っていましたが、世間の関心は高いようですね〜。

005 (3).JPG
「僕たちもこわいよ。マダニ対策してニャ。」

💠マダニとは?(抜粋)
マダニはダニとは異なります。その特徴は下記となります。
・1年中活動している(冬場でも草場に隠れている)
・ダニと異なり、マダニは様々な病原体を運んでくる
・マダニはダニと比べるとかなり大きい(吸血時には2〜3ミリと肉眼で確認することも可能です。)
・生息場所は主に屋外

マダニは日本全国の郊外の山、森林、木の葉っぱの裏などに潜んでいて一年中活動しています。
ペットや人間がそばを通り過ぎると飛びついて寄生します。
猫は室内で飼っていますが脱走することもあり、室内だから安心とは言えないのが現状です。

山や森林などにキャンプに行く際は、肌の露出を避け、長袖を着るようにするのはもちろんのこと、犬や猫のペットはこのような対策が出来ないので、マダニ駆除・予防薬を必ず使うと良いようです。

3月〜9月にかけてがマダニの季節になりますが、冬場でも活動しているので油断は禁物。

マダニ駆除ができる薬の問い合わせが
すっご〜〜く多いそうです


💠ダニに効いてもマダニには効果がないペット薬もありますよ✨
レボリューションはフィラリアにも効果がある「ノミ・ダニ駆除薬」ですが、マダニは駆除できませんー。

⇒ ノミ・マダニ比較

💠クーポンとジェネリックの組み合わせが一番安いです。
⇒ クーポンはいつでも使えます

💠フロントラインプラスの最安値を
posted with カエレバ


「ペットにかかる薬や病院代・フード・トイレ用品代等の節約法」
猫用ドライフード  猫の餌 缶・パウチ 猫のトイレ・猫砂 猫のおもちゃ・トーイ 猫の爪とぎ 猫ハウス・クッション 猫のキャットタワー 猫の首輪 ノミダニ駆除薬・蚤コーム

posted by ミントママ | Comment(3) | 病気は予防で節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダニ媒体の新型ウイルスが怖い

「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について

つい先日、マダニ媒介の新型ウイルスについてニュースで取り上げられましたね。今回のウイルス感染症は
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と言うそうです。

DSC00179.JPG

厚生労働省は2013年1月30日、山口県の女性がマダニが媒介する新型のウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で死亡が確認されたことを発表しました。

この女性は昨年の秋に発熱、嘔吐、下痢などの症状を訴え、約1週間後に原因不明で死亡、その後の調査で血液から「SFTSウイルス」が検出されたそうです😵

💠SFTSウイルスとは?
SFTS(severe fever with thrombocytopenia syndrome)ウイルスはダニを媒介する新型ウイルスで、2009年頃から中国で大発生し、数百の発症例、アメリカでも発症の確認がされています。発症すると、最悪の場合死に至ってしまうケースもあり、致死率は12%程度とされています。
ノロウイルスや風邪などと症状が似ているため注意が必要です。

症状:発熱・嘔吐・消化器官症状・血小板、白血球減少・血尿・血の混じった慢性的な下痢(致死率10%)
潜伏期間:2〜6週間
感染経路:マダニ。感染患者の血液からの接触感染はあるが、飛沫感染はない。
治療法:現在有効な治療法・ワクチンはない。致死率10%

DSC09671.JPG

犬や猫自身がSFTSを発症した事例はまだ無いが
注意が必要


他にもアジアやオセアニア諸国などの森林に広く生息するとされているようですが、この女性はこのいずれの国への渡航履歴はなかったそうで、中国や他の国とはウイルスの遺伝子が一部異なることから日本に既存していたウイルスの可能性が高いと見なされています。

でも犬や猫自身がSFTSを発症した事例はまだ無いそうで、とりあえずホッとしています。

💡とはいえ、注意しなければならないことは、
現在有効な治療法がない、ワクチンもないことだと私は思います。

つまり、もし万が一感染したら致死率12%程度・・・死亡する確率もかなり高いということです。

マダニは犬や猫のペットに寄生し人間に噛み付くケースが多いため、ペットのマダニ対策は今後必須になってくるのかもしれません。

DSC09902.JPG

マダニ媒介の新型ウイルス対策は予防で安心

以前からノミやダニ対策で少しでも節約する方法として、ノミダニ駆除薬を安く買ってるよーとのの話は何度か書きましたが、今回やっぱり引き続き対策が必要だとつくづく感じました。

マダニは日本全国の郊外の山、森林、木の葉っぱの裏などに潜んでいて一年中活動しています。
ペットや人間がそばを通り過ぎると飛びついて寄生します。
猫は室内で飼っていますが脱走することもあるし、室内だから安心とは言えないようです。

マダニとは?→マダニ予防の関心が高まっています

💠マダニに効果的な駆除薬は、有名なフロントラインプラスや、そのジェネリック薬フィプロフォートプラスなどがあります。
※レボリューションはフィラリア予防もできるノミ・ダニ駆除薬ですが、マダニは駆除できません。

ペット(犬猫)のノミダニ予防は、ダニやノミが媒体する病気の予防もできることに加え、痒さというペットのストレスから守ってあげることができること

必ず毎年予防してあげたいです。
薬代も高いですが、なるべくお金をかけずに買った分をしっかり予防してます。

💠フロントラインプラスの最安値を
posted with カエレバ


💠クーポンとジェネリックの組み合わせが一番安いです。
ペットの薬 クーポンはこちら


「ペットにかかる薬や病院代・フード・トイレ用品代等の節約法」
猫用ドライフード  猫の餌 缶・パウチ 猫のトイレ・猫砂 猫のおもちゃ・トーイ 猫の爪とぎ 猫ハウス・クッション 猫のキャットタワー 猫の首輪 ノミダニ駆除薬・蚤コーム

posted by ミントママ | Comment(2) | 猫の病気と薬の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログやサイトをお持ちの方へ もしこのブログを読んで少しでも参考になったよ〜と思っていただけたなら、このブログへのリンクを貼っていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします(相互リンクも受付中ハートたち(複数ハート)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。